FC2ブログ

咲-Saki- 第97局 感想

 6月頭は単行本作業か。キューサイして特典いっぱい描くんだろうね。阿知賀と一緒なら買いやすい。あ、修正されてるはずの1巻の2刷目?も一緒に買おう。

 今週のDP=ドヤポイント
 1.伍萬引きました?→引いてました。
 2.王の支配が有効→その通り!
 3.咲ちゃんが一番つよくて可愛い→そのとおり!

3は言った覚えないけど。


 [三麻]

 咲ちゃんがついに大将卓を制圧し始めた。1週で全方位攻略しやがったよ……。先週と打って変わってマイ天使が黙すということでジレンマはあるものの、この展開を待ち望んでいたので楽しい。
 末原の必死な姿をみて、楽しめるよう配慮する咲ちゃんマジ怖い。

 三麻に慣れている末原()、鳴いて断么九ドラ2の1000・2000を和了。少し持ち直したメンタルだったが、その後また落とされることに。東三局のコレ、永水・薄墨には、清澄が八索を鳴かせたように見えたようだ。ページを戻ってみると、確かに八索切るときに末原のほうを見ている。和了発声時には無関心で豊音のほうを見ているのにもかかわらず、だ。読者視点では完全にピエロやで……。
 咲「(次はコイツだな…………)ゴゴゴ」

 東四局トップ親のときに削りにかかるほぼツモ和了の人。一索を槓して伍萬切りリーチ。なんか久しぶりだな。咲のはダブリー以来のような気がする。あれ1話か2話だよな……?

 それを受けて豊音の【先負】が発動。でいいのかな。常時待機の上で条件満たせば発動するみたいね。ツモる前から「聴牌できそう」って言ってるし。強力なパッシブスキルと条件支配かー。ゲームだと強そう。
 ニ伍八萬 一四索 の5門張だが、ニ萬と四索は自分で3枚使ってるし、一索は槓で消えてるので、形だけという。

 咲は当たり牌である八萬を引かされるが、同時にそれは槓材でもあったという話。
 「もいっこカン!」、相手は死ぬ!

 嶺上牌もドラも霞ちゃんの集めている種類でない。トシさんは「今の石戸霞の弱点」とかいってるけど、常人には弱点にならないんじゃないかな。東三局で八萬カンしてないのはこういうことらしい。苦手分野だからかあっさり攻略されたけど、得意分野はどうだろう。

 豊音が【先負】をかい潜られたのに笑顔になるのは、ミーハーな性格もあるんだろう。でもなんとなくトシさんの「無効化せず受けきって」というのを推したい。塞のように相手の力を発揮させずに勝つのは無効化された本人が消化不良になる。逆に自分の全力を越えられると、気持いい。
 つまり清澄が「いっしょに楽しもう」の精神を実践しているように見えましたー。ただし凡人はメゲる。

 残すは南場のみ。宮永咲の舐め魅せプレイからどう繋がっていくのか。末原はトブのか。マイ天使と咲のカップリングはあり得るのか。来月の中旬に期待したい。
 単行本でるし、カラーかな?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして、こんにちは。
咲-Saki-まとめアンテナ
http://saki-daisuki.info/
というサイトの管理人です。

昨日、貴ブログが掲載推薦されましたので、
勝手ながら、リンクさせていただきました。

掲載に関してなど、
何か不都合なことなどございましたら、
いつでもご連絡いただければと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。


咲-Saki-まとめアンテナ管理人より
応援アニメ
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
twitter
FC2投票
MVPというか人気投票というか……。そもそも票が入るのか?
無料アクセス解析