FC2ブログ

魔法少女まどか☆マギカ 完結編感想

 延期になった「魔法少女まどか☆マギカ」11~12話が無事に放送されたので、完走した感想をてきとうにならべる。


10話まで
 「まどか」においての「魔法少女」は希望を、後に絶望を振り撒く存在であり、宇宙規模で考えれば効率の良い資源エネルギーでしかない。資源エネルギーにする技術を開発したのはQBたち高度に発展した文明……とSF要素が出てきてちょっとだけ困惑した。ほむらの背景である時間ループを1話で濃密に描写し、主題歌の印象も180度?変わった。ここでおあずけされたら広げた風呂敷をどう畳むのか気になってしょうがないだろ!


 11話では最大の戦闘シーンを迎え、遂に主人公が決意を固める。母との会話からほむらの手をとるまでのまどかには、胸が熱くなった。有史以前からの魔法少女を、その絶望を観てようやく生まれた願い事。

 「全ての魔女を生まれる前に消し去りたい。すべての宇宙、過去と未来の全ての魔女を、この手で」
 「希望を信じた魔法少女を、私は泣かせたくない。最期まで笑顔でいて欲しい。それを邪魔するルールなんて、壊して見せる。変えて見せる」


 まどかは魔法少女の願いを守るために魔法少女へと変身。かなり限定的だけど、まどかの物語ではこれが最良の答えか。騙され、絶望して死んでいく少女を救う。放送中は、直前に「ほむらの頑張りを無駄にしない」と言っていたから肩透かしをくらった。「あれ? お前がいなくなったら意味なくね?」先に願いのNGワードが設定されて「物語が窮屈になった」という気持ちもあった。
 通してみたせい話を飲み込むのが追いつかなかったんだろうね。宇宙の死に配慮しつつ?魔法少女の希望を絶望に塗り替えるシステム(キュゥべえ)を出し抜く。良くも悪くも縦横にしか動かなかった駒が、最後になって斜め方向に動いた。これが答えだってばーんと示したと。物語のほうは反対に素直になったと。


 EDはコネクトの2番で良かったんじゃね? (10話で)一回やった演出をまたやられると感動が薄れるんだよね。エヴァ破の「翼をください」でドン引きだったくらい。


 脚本の印象は「着地点へ向かってそれぞれに与えた役割を淡々と演じさせ」た感じ。「スパイラル~推理の絆~」を思い出すね。あれも終盤はまどかみたいになる。主人公が神のごとき男の論理を自分の論理で打ち負かそうって話。
 変に喋るから、論理合理の対極として、思春期の少女が魔法に選ばれるのは、脚本家が自分自身に言い聞かせる理由付けなのかなーなんて思ってしまった


 なんにしても区切りをつけた。設定を土台にして他の物語を紡げる。考察の余地がある。なにより演出が良くて、とても楽しめた。待ってた甲斐があった。やっぱりOPが一番好きなので、BDで光等修正が入った完全バージョンを何度も見返そう。
スポンサーサイト



魔法少女まどか☆マギカ 9話

 マスコットキャラクターがエントロピーがどうのとのたまい始めた。唐突に宇宙規模に話が広がって、俺困惑。いきなりSFかい。SoltyReiを思い出させるな。あれは2クールでじっくり伏線張ってたからいいが……。

 淫QBは他文明の生物。魔女と魔法少女は他文明のシステム。地球の少女はいいエネルギー源。酷い自演だな。
 確かにQBの言う通り、宇宙全体でみればとても合理的だ。少女1人が死ねば宇宙を一瞬救えるんだ。願い叶えてやるから死ね。でもこれじゃ単なる人柱だわな。ワイルドアームズ2のティム少年を思い出させるね。

 まどかたちは、目に見える範囲の世界で、泣いている人を助けながら「自分も精一杯生きていきたい」わけだよ。これじゃあ話は合わない。
 QBは経験則からか、その目に見える範囲の世界を危険に晒すことでまどかと契約を結ぼうとする。さすがのほむらさんもワルプルギスには絶望。

 現代から見てマスケット・槍・剣は古い武器。ほむらは銃火器がそうなるくらいの未来から来たのか、とかいろいろ考えられるね。ようやく次回予告に出てきたし、残り3話が楽しみだ!
 このままテンポよく突っ走るのかな。



以下はスルーしてね

続きを読む

魔法少女まどか☆マギカ 8話

見つけたぞ、世界の歪みを!



「なんでこいつら『魔法少女』なんてメタな言葉使ってんの?」→答え出た!

「魔法少女の未来は魔女か一般人と相場が決まっている」→答え出た!


 ほむらの魔法も判明。性格を表しているような現実的な銃火器攻撃と、時間停止。
 しかしどんなに特異な能力でも、タネが分かれば対処のしようはある。というわけでほむほむがヤバい。

 敗北フラグ1「拘束されていると時間止められない」
 敗北フラグ2「能力・攻撃方法を敵?に見せすぎた」

 なんとかしてくれ、主人公……。
 魔法少女にならなければ魔法が使えないなんて、まだ誰も言ってない! ようは魂だ。お前の熱い気持ちで変身するんだ。小宇宙を燃やせ!


 魔女さやかの特性はなんだろう。悔恨だったら泣ける。
 9話で杏子かまどかが、上條と緑の真意を伝える役になるといいな。来週も契約契約♪



以下、個人的メモ

続きを読む

魔法少女まどか☆マギカ 第6話 感想

「こんなの絶対おかしいよ」


(以下、ネタバレ注意)









 それは、画面の中の魔法少女たちと視聴者の心が一つになった瞬間だった。今回だけは言わせて欲しい。

 「まどか☆マギカ」……「☆」じゃねーよ!! どこに星が輝く要素があるのかと。キュゥべえさんマジキュート!


 いや本当に面白い。普通に観ても楽しめるけど、ネタバレ無しは1回しか味わえないよ。ご自愛してね。

 明かされた事実もあったが、新たに生まれた疑惑でプラマイ0ってとこ。とりあえず事実確認。

 ・ソウルジェムについて
 ソウルジェムはキュゥべえとの契約時に生み出される→キュゥべえが少女の体から魂を抜く。より魔法少女に適した形にする。魂ということもあり、魔法少女の本体とも言える。体を遠隔操作できる限界範囲は100mほどで、それ以上離れると心停止状態となる。またソウルジェムを手元に戻せば復帰可能な模様。100m以上離れていたときの記憶はなさそう。

 「いまのはまずかったよ、まどか。よりにもよって友達を放り投げるなんて。どうかしてるよ」「そっちはさやかじゃなくてただの抜け殻だよ。さやかはさっき君が投げて捨てちゃったじゃないか」

 杏子「なん……だと……!?」

 笑わせてくれよる。ちょっと近所の床屋まで、とでもいうような軽さ。素晴らしい。価値観の違いがここまでおぞましいものだとは。
 「君死にそうだったから改造人間にしといたよ」みたいな。
 完全な善意のサービスだ。魂の在りかにこだわる人には、魔法少女(として戦っていくこと)は難しい。ソウルジェムさえ無事なら「修復」可能ということは、人のジェムを切り札にすることも可能ということかい虚渕さん。


 ・ソウルジェムとグリーフシードの関係
 魔力を消費するとソウルジェムに穢れが溜まる。それをグリーフシードに移すことでソウルジェムは快復する。グリーフシードに穢れが溜まると魔女が孵化する(育ちきると魔法少女では滅することが不可能になる?)。穢れがたまったグリーフシードはキュゥべえが食べて処理。背面の雫型のアレが口のようだ。…………えっ、どういうこと?

 どう考えても「役目」を果たすだけのキュゥべえに疑いがかかる仕様。魂が汚染されてしまったら生まれ変わることもできないんだろうか。怖い怖い自転車操業だね。


 ・2週間後にヴァルプルギス?の夜が来る。
 略)夜への対処がほむらの目的らしい。なぜ未来がわかるのかというのがほむら最大の謎。この謎を我々が知る時、それがほむほむの消えるときかもしれない。死亡フラグにしかなりえんだろう……。


 ・ほむらの特殊能力
 短時間の時間停止説が有力。ファウストでは「時よとまれ、お前は美しい」で魂が抜かれる(未遂)というらしいし。


 衝撃の事実、というより衝撃の事実の明かし方が衝撃的だったね。どこまでヒロインいじめたら気が済むの? 友人を殺しかける魔法少女とは新しい! ってなんでですかー。そしてラストシーンはまどか杏子ほむほむとシンクロし、混乱と焦燥でかき乱された。お見事。それしか言えない。正直4、5話のノリで(価値観の違いと些細なすれ違いから)魔法少女同士の戦いにシフトしていくのかと不安だったから安心したわ。というか、予想斜め上すぎて嬉しい。

 ここまで来たら降りることはあり得ない。あとはジェットコースターがちゃんと整備してあるかどうかだな。

 公式は早く店舗別の特典画像を公開してくれ。予約ができないだろう!

テーマ : 魔法少女まどか★マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

前の記事へのツッコミ

・憧れ→まどかが幸せと感じてない可能性~~→見通しの甘い~~
 憧れ優先してたのは見通しが甘かっただけで説明つくじゃないか。
応援アニメ
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
twitter
FC2投票
MVPというか人気投票というか……。そもそも票が入るのか?
無料アクセス解析